2011年02月18日

W800を見に行こう

とうとう今月発売になったW800
外装はほぼ同じと噂で聞いていたのですが、噂だし…ほぼだし…はっきりしませんね。

ならばはっきりさせようと、海老名市の国道246沿いにある「バズファクトリー」さんにパーツを持ち込み、細部チェックさせてもらいました。ありがとうございます。

「バズファクトリー」
1102171.jpghttp://www.baz-factory.jp/
スゴくキレイなお店

まずはシート
1102172.jpg
シングルシートは何の問題も無いです。Special Editionに似合い過ぎexclamation
画像ではリアフェンダーがノーマルのままですが、付属のインナーフェンダーも型を作り直さず多少の仕様変更という程度で対応できます。

次はダブルシート
1102173.jpg
付きました!
ただし、この車体にはシート下に装着できるETC車載器が載っていませんでした。
ETC付きの場合の確認をしなくては・・・。
画像のシートは旧タイプのゴールドパイピングで現ラインナップには無いのですが、Special Editionにはやっぱゴールドが似合うなぁ。
復活させようかな。

フロントフェンダーも問題無く付くのですが、一つ問題が・・・
1102174.jpg
アクスルシャフトの留め方が変わってしまいました。
これだとフロントフェンダーロングBの後ろのフェンダーステーが留められません。
w_fflb1.jpgこれがW650+フロントフェンダーロングB
何か対策方法を考えねば。

スリムサイドカバーはフューエルインジェクションになってエアクリーナーボックスが外せなくなちゃったのでNGみたいです。
残念、650じゃ人気パーツだったのに。

ひととおりチェックを終えた後、少しだけ試乗させてもらいました。
最大トルク62N・m(6.3kgf・m)を2,500rpmで出すエンジンになってどうなんだろ?
因にW650は54N・m(5.5kgf・m)/5,000rpm
V7Classicは54.7N・m(5.6kg・m)/3,600rpm

W650との違いは明らか。中低速がモリモリ元気なってますexclamation×2
スピードなんて興味ないんだよって言う人が(ま、自分の事だがふらふら)「でもここはもうチョッとチカラを」っていう多用するところが足された感じで好印象揺れるハート




さて「バズファクトリー」さんの近所には、実は前から気になっていた酒蔵があるのです。
泉橋酒造
1102175.jpghttp://www.izumibashi.com/
ウチから最も近い蔵だったのですが、なぜか今まで口にする事が無かったんです。

帰りに寄って一本買ってきました。
1102176.jpgいづみ橋・とんぼラベル5号 槽場直詰め・無濾過生原酒
神力というめずらしいお米を使ってます。
山廃はチョッと苦手だったけど悪くないなぁ。


posted by オスカー at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | W800 W650 W400 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック