2012年06月24日

ダブルとセミダブルシート

3年も前記事で復活させるとか言っていたダブルシートです。
インジェクションになる前のもう5年前までの車体が対象なのでもう無くてもいいかな〜とも思いましたが、型が残っているのでまた作ってみました。

1206232.jpg1206231.jpg
厚みがノーマルより3割程プラスされています。
表皮は250TR用セミダブルシートタイプMと同じ物を使用しています。

同時にセミダブルシートも復活
1206234.jpg1206233.jpg
厚みはほぼノーマルシートと同じですが、やや固めのスポンジを使っています。これはダブルシートも同様です。

一見シート後端に山があるか無いかの違いだけに見えますが、上から見ますと幅が違います。
1206235.jpg
ダブルシートの方が幅は広め(とくにタンデム部分)です。

それと、以前のシートは裏に付いている防振ゴムをノーマルシートから付け替える必要がありました。
ノーマルシートを持っていないユーザーは新たにゴムだけ買わなければならなかったのですが、今回は既にゴムが付いています。
1206236.jpg

価格はダブルシートが37,800円、セミダブルシートが36,330円を予定しています。

ソルボセイン入りの設定はオプションとします
自分で試してみて微振動が減るなど違いは確認しましたが、長時間乗って現れるお尻の痛みの効果は私にはあまり感じられませんでした。
振動の多い車種には効果のある素材なんでしょうね。でもグラトラにはどうなんでしょう?
効果があったという方もいらっしゃいますから百人百尻ですね。


posted by オスカー at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グラストラッカー&Big Boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック