2010年08月07日

薄革巻きの試作の巻

タンクプロテクターの型も出来たので、さっそく試作。

とりあえずいつもの量産品生産のついでに作るため黒ゲルコート仕上げで。
じつは、FRPの離型剤に新しい物を試していまして、製品が張りついて取れなくなったらどうしようとハラハラしていましたが、な〜んだぁ今までのより型離れは良かったですよぉ。

タンクにピッタリ添う物なので、歪んで隙間が出来たら嫌だなぁと心配でしたが、隙間はありませんでした、ヨカッタ〜手(チョキ)

量産ではカーボンと薄く革を巻いてシートの延長みたいなイメージの二種類を予定しているので、自分で薄革巻きにしてみました。
1008071.jpgおっイイ感じ!
使った革はOSCAR製シートで通常使っているもので、似てはいるけど近くでよーく見ると微妙にシワの感じが違う。もっと近い物をシート屋さんにいま探してもらっているところです。

次、カーボンで作ってみます。


posted by オスカー at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

V7Cで

5月28日に行った「相模灘」の「久保田酒造」へまた行ってきました。
1007091.jpg
今度はデジカメで、イタ車ツーショット撮り直し。
リアフェンダーが変わったでしょ。
でも商品レベルには程遠いので、詳細は控えます。

今回は粕取焼酎「喜楽」を購入。
1007092.jpg
お酒を絞った後の酒粕を、昔ながらの常圧蒸留という方式で造られた本格焼酎。

チョット癖があるので好き嫌いがあるとおもいますが、これをロックで飲むのがオスカーは大好きです。
posted by オスカー at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

フロントアルミフェンダーの走行テスト

定休日の昨日、アルミフェンダーを付けたV7 classicを走らせてみました。

1005281.jpg
フェンダーの長さは整えました。

テストがてら、ヤビツ峠経由で宮ケ瀬湖を目指しました。山ん中は雨だろうけど。
しかし、予想より手前、愛甲石田あたりから降り始め、仕方なく七沢方面に折れて宮ケ瀬へ。
あっけなく着いたので何か物足りなくて、どうせ雨具はあるんだしここからヤビツへ抜けて帰ろうかとも思ったけど、帰ってから片付けなければならない仕事が少しあったので津久井方面へ抜けて「相模灘」というお酒を造っている「久保田酒造」へ。
http://www.tsukui.ne.jp/kubota/
5年くらい前にここを知り、近くまで来ると寄って何本か買ってきます。
試飲もできるけどバイクなんで×ふらふら

おっ!軒下にイタ車 GILERAサトゥルノが
1005282.jpgデジカメが電池切れで携帯のカメラで撮りました
右の方が新しそうですが、20年くらい前の物なんですよ。
ここの蔵の方の所有車だそうです。久しぶりに見ました。

さて、帰ってきてフェンダーをチェックしましたが何ともありませんでした。まあ走ったのはたいした距離ではなかったけど。
ただ改良したい点はあるので、そこを対処してからの発売になります。
ラインナップは、画像の物の他にショートバージョンですね。

次はリアだ!
posted by オスカー at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

まだです…フロントアルミフェンダー

とりあえずフロントアルミフェンダーのステーができたので、車体にセットしてみました。
1005231.jpg
スタビライザーとフェンダーの間にある黒いのがステー

1005232.jpg
フェンダー後ろをウエスで隠してみましたが、長さはこれくらいですかね。

雨に祟られ走行テストがまだ出来てません。雨
posted by オスカー at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

タンクプロテクター

開発中のタンクプロテクターの形が決りました。

シートの前が、タンクに掛かるイメージになるような。
あのルマンやイモラの野暮ったい感じだけど、なんかGUZZIらしい個性のひとつ。
そう思うのは、子供の頃初めて見たMOTO GUZZIがイモラだったからでしょうかね。
1005092.jpgこれはルマンI

ただし、このまま同じようなモッサリした物を、現代のV7 classicで再現するのではそれこそ野暮。
1005091.jpg
この形でカーボンで行こうと思います。
薄く革巻きもアリかな。


最初にやると言っていたアルミフェンダー
フロントは、近々試作ができると思います。
リアは・・・苦戦中。
シートを開けると分かると思いますが、あの小物入れをどうしようかと思案中。
どうせ作るなら、もっと大きくできないか……
いや、いっそスッキリ無くしてしまおうか……
ってね。

あと、メインスイッチのところのカバー
メーターとの間の変な隙間があるので、ここのパーツも作ってます。
画像はいずれ。

posted by オスカー at 12:48| Comment(4) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

あと、こんなのも

V7 Classicを見た時から「850 LeMans1のビキニカウルが似合うはず」
ガソリンタンクそっくりだし、そう思った方は結構いるはず。

ということでやってみました
0912041.jpg
あーやっぱりぃ〜似合いますな(笑

ただメーター・ヘッドライト・フロントフォークなどの位置関係が当然ですが違う訳で、そのままポン付けはできません。特に伏せ気味のスクリーンがメーターに接触してしまうので若干起こして仕立て直します。

0912042.jpg
ハンドルは250TRで使っていたコンドルハンドルを試しにまた逆付けにセット。

ウインカーはカウルをエグってしまえばそのままの位置でも付きますが、格好悪いのでルマンに倣いカウル下にするのが良いでしょうね。


でもなあ、V7 Classic用パーツなんて需要は少ないでしょうから、まあぼちぼちと進めましょうかね。
posted by オスカー at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

V7 classic 先ずはアルミフェンダーから

Moto Guzzi V7 classicです。
旧車じゃありませんよ、現行車です。
縁あってコイツのパーツを作ることになりました。

フェンダー、特にフロントフェンダーは無用の出っ張りがあったり、縁が笑っちゃうくらいガタガタと何とも出来が悪いので、ここから始めたいと思います。

往年の名車V7 Sportがスタイルの元なっているV7 classic。
Sportはメッキフェンダー、だったらと試しにアルミフェンダーを車体にあてがってみました。
0911271.jpg
ホントにただ合せてみただけなので角度や長さがチョッと変、でも悪くはないですね。

フロントがスタビ留めで少々面倒だな。ホイール外さないとフェンダー付けられないよ。
リアはシートを空けるとノーマルフェンダーが小物(工具)入れスペースになっていたりと見えないところで複雑な形状。ウチの250TRのみたいに前半分はFRPで作ってうまくいくかな?

まあ、やってみます。
posted by オスカー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | V7 classic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。